コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村又吉 たむら またきち

2件 の用語解説(田村又吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村又吉 たむら-またきち

1842-1912 明治時代の農村指導者。
天保(てんぽう)13年1月5日生まれ。明治22年静岡県賀茂郡稲取村初代村長となる。28年片平信明(のぶあき)を知り,ミカン栽培を導入,報徳結社稲取村農家共同救護社を結成。またテングサ採取,植林事業,教育・医療・水道施設の整備につとめた。大正元年11月14日死去。71歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田村又吉

没年:大正10.10(1921)
生年:天保13.1.5(1842.2.14)
明治大正期の地方自治ならびに農事功労者。伊豆国賀茂郡稲取村(静岡県東伊豆町)に生まれる。寺子屋に学び,また農耕のかたわら和漢の書を学んだ。明治20(1887)年稲取村ほか4カ村戸長,同22年からは稲取村村長となる。この間地域の特産天草栽培の振興に努め,その利益で学校,病院,水道などを整備した。同28年には庵原郡杉山村(清水市)の報徳家片平信明と知り合い,ここでの蜜柑栽培を稲取村に導入,伊豆地方の柑橘業の基礎を築いた。また片平との交流のなかで共同救護社を結成,これによって稲取村は明治36年には全国三大模範村のひとつとされている。<参考文献>『静岡県人物誌』,石原驍『伊豆の史伝』

(若林淳之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田村又吉の関連キーワード自治市町村制地方自治体並びに府会ICLEI自治大臣地方自治団体直轄事業の地方負担須田幹三

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone