コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田植(え)定規 タウエジョウギ

デジタル大辞泉の解説

たうえ‐じょうぎ〔たうゑヂヤウギ〕【田植(え)定規】

田植えのとき、苗の間隔一定にするため、田に目印をつける農具

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たうえじょうぎ【田植定規】

苗を縦横それぞれ一定の間隔で植える正条植が,明治に入って推奨されるようになり,それにともない考えだされた用具で,定規を置き苗の位置を決めるものと,植える位置を田面にしるしていくものとに大別される。前者のうちの代表的なものは,図のような三角筒の形に角材を組んだもので,長手の梁(はり)には一定間隔で印がつけられている。これを田面に置き,その印の手前に苗を植えおわるとそこを中心に手前に倒しまた植えていく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田植(え)定規の関連キーワード中井太一郎田植え田植

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android