コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正条植 せいじょううえ

3件 の用語解説(正条植の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正条植
せいじょううえ

田植定規を用いて条列を整え,株の相互の距離を正しく植付ける水稲の移植法。株は均整のある条件におかれることになり,生育も統一され,その後の管理,収穫などの作業も円滑かつ能率的に行うことができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいじょう‐うえ〔セイデウうゑ〕【正条植(え)】

作物の苗の列を整え、株と株との間隔を一定に植えつけること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集の解説

正条植

 稲の苗を縦と横の筋をそろえて植える方法で、防府では右田村ではじめて試みられました。 正条植は、苗が碁盤[ごばん]目になっているので、日も十分にあたり、空気が通りやすく、草や害虫が取り除きやすいという長所がありました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の正条植の言及

【移植】より

…また,低温処理した苗を移植することによって,開花を促進し収穫を早めることができる(イチゴ)。
[移植の方法]
 水稲の移植の型(栽植様式)をみると,明治以前は乱雑植えであったが,明治中期に手押しの条間除草機(田打車)が普及するとともに,植えづな,田植定規を利用した正条植え・並木植えが一般的になった。移植前には耕耘・均平(代搔き)を十分に行い,土壌を柔軟にする。…

【田植】より

…植付け方には前進と後退の2通りのやり方がある。田植は〈ゆがみ八石直ぐ九石〉などといわれ,現在では縦横に苗列が通った正条植であるが,古くは田の形に沿った〈回り植〉や〈車田植(くるまたうえ)〉が一般的であった。正条植は明治以前には静岡県下の一部や千葉県香取郡の一部を除いてはみられなかったが,明治30年代に全国的に奨励され普及した。…

※「正条植」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

正条植の関連キーワード顔を揃える口を揃える声を揃える揃え箸耳を揃える植田植付ける粒を揃える足並みを揃える調子をそろえてクリック・クリック・クリック