コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田母野秀顕 たもの ひであき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田母野秀顕 たもの-ひであき

1849-1883 明治時代の自由民権運動家。
嘉永(かえい)2年生まれ。明治11年幼なじみの河野広中らと民権結社三師社を設立。14年自由党に参加,翌年「福島自由新聞」の発行にたずさわる。福島事件で逮捕され明治16年11月29日獄死した。35歳。陸奥(むつ)田村郡(福島県)出身。本姓赤松

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田母野秀顕

没年:明治16.11.29(1883)
生年:嘉永2(1849)
明治期の自由民権家。三春藩(福島県)藩士赤松蔀の子,田母野浄因の養子。河野広中らと共に三師社を結成し福島県の民権運動を主導した。明治15(1882)年無名館盟約を結び内乱罪に問われ,翌年石川島監獄で病死した。<参考文献>高橋哲夫『福島人物の歴史11・12/河野広中』

(長井純市)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

田母野秀顕の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android