コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田沼騒動物 たぬまそうどうもの

1件 の用語解説(田沼騒動物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たぬまそうどうもの【田沼騒動物】

歌舞伎,浄瑠璃の一系統。1784年(天明4)江戸城内で佐野善左衛門(佐野政言)が若年寄田沼意知(おきとも)を刃傷,佐野が切腹した事件を扱った作品群。田沼親子の専横に民衆の反感は強く,佐野の墓所には世直し大明神の幟(のぼり)が奉納された。事件後まもない同年8月に,大坂中(なか)の芝居で《稲光田毎月(いなびかりたごとのつき)》(奈河七五三助(ながわしめすけ)作)が上演され,〈曾我〉の世界に仮託し,際物(きわもの)として脚色された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田沼騒動物の関連キーワード三勝半七心中物隅田川物歌舞伎浄瑠璃小さん金五郎碁盤忠信佐倉義民伝浄瑠璃看板夕霧伊左衛門床浄瑠璃