コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河竹新七 カワタケシンシチ

デジタル大辞泉の解説

かわたけ‐しんしち〔かはたけ‐〕【河竹新七】

歌舞伎脚本作者。
(初世)[1746~1795]幼名、竹三郎。俳号、能進。江戸で活躍し、浄瑠璃世話物に長じた。作「垣衣恋写絵(しのぶぐさこいのうつしえ)」など。
(2世)河竹黙阿弥の前名。
(3世)[1842~1901]江戸の人。本名、菊川金太郎。前名、竹柴金作。俳号、是水。河竹黙阿弥の高弟。江戸で活躍し、講談・人情噺(ばなし)などの脚色物が多い。作「塩原多助一代記」「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かわたけしんしち【河竹新七】

歌舞伎作者。(1)初世(1747‐95∥延享4‐寛政7) 本名竹三郎,俳号能進,別号能進斎。明和・安永・天明期(1764‐89)に江戸で主として初世中村仲蔵のために世話物や浄瑠璃所作事を書いたが,経歴は明らかでない。常磐津の《垣衣恋写絵(しのぶぐさこいのうつしえ)》(売(しのぶうり))が有名。仲蔵の随筆《秀鶴日記》も彼の著といわれる。(2)2世 河竹黙阿弥の前名。(3)3世(1842‐1901∥天保13‐明治34) 本名菊川金太郎,俳名是水,前名初世竹柴金作

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かわたけしんしち【河竹新七】

歌舞伎脚本作者。
(初世)(1746~1795) 江戸の人。中村仲蔵のために書いたものが多い。常磐津「荵売しのぶうり」が名高い。
(二世)河竹黙阿弥もくあみの前名。
(三世)(1842~1901) 江戸の人。前名、竹柴金作。河竹黙阿弥の高弟。講談落語を脚色した作品が多い。「江戸育お祭佐七えどそだちおまつりさしち」「籠釣瓶花街酔醒かごつるべさとのえいざめ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河竹新七
かわたけしんしち

歌舞伎(かぶき)作者。

初世

(1746―95)中村座の座付作者として修業、一時頭取(とうどり)も勤めた。天明(てんめい)期(1781~89)の名優初世中村仲蔵について常磐津浄瑠璃(ときわずじょうるり)『垣衣恋写絵(しのぶぐさこいのうつしえ)』を書く。2、3年立(たて)作者を勤めたのち、劇界の表面から姿を消し、仲蔵にのみ作品を陰で提供した。仲蔵の姪(めい)婿ともいわれ、『秀鶴(しゅうかく)日記』をはじめとする仲蔵の有名な日記の代筆者ともいう。2世は河竹黙阿弥(もくあみ)の前名。2世福森久助も一時名のったが、代数に数えない。[古井戸秀夫]

3世

(1842―1901)黙阿弥の弟子。前名竹柴(たけしば)金作。1872年(明治5)に立作者となり、84年に師より3世を譲られる。5世尾上(おのえ)菊五郎のために執筆。『籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのよいざめ)』『江戸育御祭佐七(えどそだちおまつりさしち)』などを残す。[古井戸秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

河竹新七の関連キーワード籠釣瓶花街酔醒・篭釣瓶花街酔醒瀬川如皐(2世)河竹新七(3代)竹柴金作(初代)竹柴金作(2代)瀬川如皐(2代)鼠小紋東君新形蔦紅葉宇都谷峠勧善懲悪覗機関佐野次郎左衛門網模様灯籠菊桐曾我綉侠御所染青砥稿花紅彩画江戸育お祭佐七江戸育御祭佐七塩原多助一代記黒手組曲輪達引籠釣瓶花街酔醒小袖曾我薊色縫極付幡随長兵衛

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android