コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田舎小僧 いなかこぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田舎小僧 いなかこぞう

1750-1785 江戸時代中期の盗賊。
寛延3年生まれ。天明4年から江戸の武家屋敷,寺社など24ヵ所で27度の盗みをはたらいたという。一橋家にしのびこもうとして捕らえられ,天明5年10月22日処刑された。36歳。同時代稲葉小僧と混同され,芝居や講談の材料となった。武蔵(むさし)足立郡新井方村(埼玉県)出身。名は新助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

田舎小僧の関連キーワード盗賊

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android