コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲斐庄正述 かいのしょう まさのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

甲斐庄正述 かいのしょう-まさのぶ

?-1660 江戸時代前期の武士。
甲斐庄正房の子。幕臣。小姓組をへて父の跡をつぎ書院番となる。三河(愛知県)の鳳来寺造営の奉行などをつとめ,慶安5年(1652)長崎奉行に任じられた。万治(まんじ)3年6月5日死去。通称は伝八郎,喜右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

甲斐庄正述の関連キーワード甲斐庄正房甲斐庄正親

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android