コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町資藤 まち すけふじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

町資藤 まち-すけふじ

1366-1409 室町時代の公卿(くぎょう)。
貞治(じょうじ)5=正平(しょうへい)21年生まれ。柳原忠光の次男。左大弁,蔵人頭(くろうどのとう)をへて,明徳3=元中9年参議となる。応永13年権(ごんの)大納言,15年正二位にすすんだ。歌人としてもすぐれ,「新続(しょく)古今和歌集」などに作品をのこしている。柳原家からわかれて町を姓とした。応永16年6月5日死去。44歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

町資藤の関連キーワード室町時代(年表)愚中周及足利満兼アレクサンデル5世トガ・テムル朝ヨハネス23世フルハイビジョンフルHDTSUTAYA GALAPAGOSSXGA