柳原家(読み)やなぎはらけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳原家
やなぎはらけ

藤原氏北家,日野家支流。鎌倉時代末期,権大納言日野俊光の子資明を祖とする。子孫文筆をもって家業とした。一位権大納言を極官位とする。明治にいたって伯爵支族武者小路,町尻などの家がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やなぎはらけ【柳原家】

藤原氏北家冬嗣の兄真夏の子孫で,日野家の支流。〈やなぎわらけ〉ともいう。権大納言日野俊光の四男権大納言資明(すけあき)を祖とし,鎌倉末期に創立された。柳原資明日野資朝の弟で,長兄資名が光厳天皇寵臣であったため,北朝に仕えて勢力を張り,柳原殿に住したのにちなんで柳原を姓とした。世々紀伝道をもって出身し,多くは文章博士に任ぜられたが,1471年(文明3)量光が文章博士に任じたのを最後に紀伝道を世襲する伝統が断絶した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の柳原家の言及

【柳原家】より

…この光綱は紀伝の家としての伝統を強く自覚し,《日本三代実録》以後の国史の欠を慨歎してその編修を思い立ち,その遺嘱を受け継いだ子の紀光(もとみつ)は諸家の記録文書を博捜して《続史愚抄》81冊を著した。紀光の集めた膨大な史料は〈柳原家記録〉として宮内庁書陵部に伝存している。ついで光愛(みつなる)は幕末維新の際,公武合体派の公卿として国事に尽くしたほか,山陵修補御用掛を命ぜられて山陵の修補に努めた。…

※「柳原家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android