画本(読み)ガホン

  • がほん グヮ‥
  • がほん〔グワ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 絵の手本。また、絵の素材となるもの。
※蔭凉軒日録‐文明一七年(1485)一一月二四日「文殊維摩李竜眠筆、牛二幅李迪、此三幅一対。為画本之」 〔陸游‐舟中作詩〕
② 絵を集めた本。絵入りの本。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「西洋にて、油絵は一千四百年より始まる、是より以前の画本あり」
※食道楽‐冬(1904)〈村井弦斎〉三二六「子供を育てるには翫具(おもちや)の種類 画本(グワホン)の良否〈略〉なんぞと必要な点が沢山あって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

画本の関連情報