コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑鼠 ハタネズミ

デジタル大辞泉の解説

はた‐ねずみ【畑×鼠】

ネズミ科の哺乳類。体長11センチ、尾長4センチくらい。目や耳が小さい。山野田畑に穴を掘ってすむ。草食性。日本特産で、本州・九州に分布。はたけねずみ。のらねずみ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はたねずみ【畑鼠】

ネズミの一種。体長約11センチメートル。背は茶褐色で、腹は灰白色。尾は短く、耳介は小さい。草原や畑にトンネルを掘ってすみ、草木の根を食う。時に大増殖して樹木に大きな害を与える。本州以南に分布。のらねずみ。はたけねずみ。
を含むハタネズミ亜科の齧歯げつし類の総称。100種以上が属す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

畑鼠 (ハタネズミ)

学名:Microtus montebelli
動物。キヌゲネズミ科のネズミの一種

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

畑鼠の関連キーワード灰白色茶褐色耳介

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android