コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑鼠 ハタネズミ

デジタル大辞泉の解説

はた‐ねずみ【畑×鼠】

ネズミ科の哺乳類。体長11センチ、尾長4センチくらい。目や耳が小さい。山野田畑に穴を掘ってすむ。草食性。日本特産で、本州・九州に分布。はたけねずみ。のらねずみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はたねずみ【畑鼠】

ネズミの一種。体長約11センチメートル。背は茶褐色で、腹は灰白色。尾は短く、耳介は小さい。草原や畑にトンネルを掘ってすみ、草木の根を食う。時に大増殖して樹木に大きな害を与える。本州以南に分布。のらねずみ。はたけねずみ。
を含むハタネズミ亜科の齧歯げつし類の総称。100種以上が属す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

畑鼠 (ハタネズミ)

学名:Microtus montebelli
動物。キヌゲネズミ科のネズミの一種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

畑鼠の関連キーワード灰白色茶褐色耳介

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android