コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畔上賢造 あぜがみけんぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畔上賢造
あぜがみけんぞう

[生]1884.10.28. 上田
[没]1938.6.25.
独立伝道者。早稲田大学哲学科在学中,内村鑑三に師事して圧倒的影響を受けた。 1907年卒業後千葉中学で教えたが,独立伝道に転じ,千葉,東金で活動,19年東京に戻り,内村の助手となる。 27年,内村より独立し上蒋会 (のちの中央聖書研究会) を主宰。 30年に『日本聖書雑誌』を創刊したが,脳出血で倒れる。ブラウニングをはじめとする英詩論によって彼の聖書研究は豊かなものになった。訳書に『自助論』 (S.スマイルズ著,1906) ,著書に『畔上賢造著作集』 (12巻,40~41) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畔上賢造 あぜがみ-けんぞう

1884-1938 明治-昭和時代前期の宗教家。
明治17年10月28日生まれ。37年内村鑑三の聖書研究会にはいる。44年千葉中学の英語教師を辞職,独立して伝道活動をはじめる。昭和3年上落合聖書研究会をひらき,中央聖書研究会の設立につくした。昭和13年6月25日死去。55歳。長野県出身。早大卒。著作に「歩みし跡」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

畔上賢造の関連キーワード畔上 賢造宗教家明治

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android