コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異化学的変成作用 いかがくてきへんせいさようallochemical metamorphism

1件 の用語解説(異化学的変成作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

異化学的変成作用

変成作用の過程で外部との成分の増減があり岩石の化学組成が変化することをいい,交代作用と同じで,物質の増加や減少が行われる変成作用[Scheumann : 1936].当初は主成分が少しあるいは全く移動しないものを等化学的変成作用としたが,その後揮発性物質が移動すると考えて開放系の変成作用の扱いが進んだ.変成作用の過程ではあらゆる物質が移動するが,揮発性成分でも有限な距離しか移動できないので,化学成分が変化したかどうかは対象とする範囲に関係することである.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone