コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異化学的変成作用 いかがくてきへんせいさよう allochemical metamorphism

1件 の用語解説(異化学的変成作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

異化学的変成作用

変成作用の過程で外部との成分の増減があり岩石の化学組成が変化することをいい,交代作用と同じで,物質の増加や減少が行われる変成作用[Scheumann : 1936].当初は主成分が少しあるいは全く移動しないものを等化学的変成作用としたが,その後揮発性物質が移動すると考えて開放系の変成作用の扱いが進んだ.変成作用の過程ではあらゆる物質が移動するが,揮発性成分でも有限な距離しか移動できないので,化学成分が変化したかどうかは対象とする範囲に関係することである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

異化学的変成作用の関連キーワード後成作用化学変成作用等化学的変成作用同相変成作用単相変成作用的ダイアフトレシス気成変成作用マグマ変成作用変成分化作用斑状変晶溶解原理

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone