コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開放系 かいほうけいopen system

翻訳|open system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開放系
かいほうけい
open system

開いた系ともいう。着目している部分に外部からエネルギーや粒子の交換がある場合に,これを開放系という。現実に見られる事物のなかには,これらを交換しない完全な孤立系は存在せず,大なり小なり必ず外界との接触が見出される。孤立系では平衡でないかぎり時間とともにエントロピーは必ず増大するが,開放系では減少する場合もありうる。すなわち開放系では熱力学第二法則必ずしも成立しない。生物は熱力学的にみればすべて開放系であり,外部からエネルギーや物質を取込んでみずから秩序ある身体をつくりあげ,秩序ある運動を行なっている。生きているということは,生体が開放系の安定な定常状態にあることを示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいほうけい【開放系】

外界とエネルギーおよび物質の交換をする系。生体はその例。開いた系。 ↔ 閉鎖系

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

開放系の関連情報