コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開放系 かいほうけい open system

翻訳|open system

3件 の用語解説(開放系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開放系
かいほうけい
open system

開いた系ともいう。着目している部分に外部からエネルギーや粒子の交換がある場合に,これを開放系という。現実に見られる事物のなかには,これらを交換しない完全な孤立系は存在せず,大なり小なり必ず外界との接触が見出される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいほう‐けい〔カイハウ‐〕【開放系】

物理学で、特に熱力学的に、境界を越えた外部とエネルギーや物質のやり取りが行われる系。開いた系。→閉鎖系孤立系

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいほうけい【開放系】

外界とエネルギーおよび物質の交換をする系。生体はその例。開いた系。 ↔ 閉鎖系

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開放系の関連キーワード室内気候鰓孔外界冥顕幽明絡み合いクローズドサークルジェリコ 閉ざされた街アースガルズ《西欧世界と日本》

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

開放系の関連情報