コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開放系 かいほうけいopen system

翻訳|open system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開放系
かいほうけい
open system

開いたともいう。着目している部分に外部からエネルギーや粒子の交換がある場合に,これを開放系という。現実に見られる事物のなかには,これらを交換しない完全な孤立系は存在せず,大なり小なり必ず外界との接触が見出される。孤立系では平衡でないかぎり時間とともにエントロピーは必ず増大するが,開放系では減少する場合もありうる。すなわち開放系では熱力学第二法則は必ずしも成立しない。生物は熱力学的にみればすべて開放系であり,外部からエネルギーや物質を取込んでみずから秩序ある身体をつくりあげ,秩序ある運動を行なっている。生きているということは,生体が開放系の安定な定常状態にあることを示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいほう‐けい〔カイハウ‐〕【開放系】

物理学で、特に熱力学的に、境界を越えた外部とエネルギーや物質のやり取りが行われる系。開いた系。→閉鎖系孤立系

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいほうけい【開放系】

外界とエネルギーおよび物質の交換をする系。生体はその例。開いた系。 ↔ 閉鎖系

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

開放系の関連キーワードバイオテクノロジー異化学的変成作用オープンシステムベルタランフィ浸透交代作用呼吸熱量計生命科学散逸構造健康教育行政学複雑系物性論物理学昆虫類血液貝類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android