コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異常トラヒック いじょうトラヒック extraordinary traffic congestion

1件 の用語解説(異常トラヒックの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いじょうトラヒック【異常トラヒック extraordinary traffic congestion】

設計時に予測された平常時の通信トラヒックに比べて,はるかに多くのトラヒック電気通信網に加えられる場合がある。これを異常トラヒックという。異常トラヒックは社会的事件の発生,ゴールデンウィーク前の切符の予約,自然災害時の見舞い,通信網の障害に付随したトラヒックの流れの急変などいろいろな原因で発生し,局部的には平常時トラヒックの数倍から数十倍に及ぶこともある。電話が普及し,住宅電話のように電話をかける率の低い加入者数が増大すればするほど,これらは潜在的な異常トラヒックの発生源として問題を大きくしつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

異常トラヒックの関連キーワードトラフィックテレックスラップタイム計時トラヒック平水平脈予備役漏話エキストラヒッター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone