異性化酵素(読み)イセイカコウソ

世界大百科事典 第2版の解説

いせいかこうそ【異性化酵素 isomerases】

イソメラーゼともいう。アミノ酸,糖,その他の有機化合物のラセミ化,エピ化などの反応を触媒する酵素の総称である。国際的な酵素命名委員会分類では六つの大きなグループのうちの一つとなっており,さらに反応の種類によって,表に示すごとく六つに細分される。 これらの各種異性化酵素の中には,すでに均一化,結晶化が達成されたものも少なくなく,またピリドキサルリン酸ビタミンB12などの補酵素要求性が明らかにされたものもあるが,X線回折による解析などは遅れており,分子構造と反応機構に関する知見はきわめて乏しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いせいかこうそ【異性化酵素】

糖やアミノ酸など有機化合物の異性体どうしの転換反応を触媒する酵素。イソメラーゼ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android