コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異性化酵素 イセイカコウソ

5件 の用語解説(異性化酵素の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いせいか‐こうそ〔イセイクワカウソ〕【異性化酵素】

酵素のうち、異性体間の転換を触媒するもの。イソメラーゼ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いせいかこうそ【異性化酵素 isomerases】

イソメラーゼともいう。アミノ酸,糖,その他の有機化合物のラセミ化,エピ化などの反応を触媒する酵素の総称である。国際的な酵素命名委員会分類では六つの大きなグループのうちの一つとなっており,さらに反応の種類によって,表に示すごとく六つに細分される。 これらの各種異性化酵素の中には,すでに均一化,結晶化が達成されたものも少なくなく,またピリドキサルリン酸ビタミンB12などの補酵素要求性が明らかにされたものもあるが,X線回折による解析などは遅れており,分子構造と反応機構に関する知見はきわめて乏しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いせいかこうそ【異性化酵素】

糖やアミノ酸など有機化合物の異性体どうしの転換反応を触媒する酵素。イソメラーゼ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異性化酵素
いせいかこうそ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

異性化酵素の関連キーワードイソメラーゼアミノアシラーゼアミノ酸合成酵素アミノ酸尿アミノトランスフェラーゼグルコースリン酸イソメラーゼジペプチダーゼトポイソメラーゼ分枝アミノ酸分枝アミノ酸アミノトランスフェラーゼ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone