コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 たたみ

13件 の用語解説(畳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


たたみ

和室に一般に使用される床敷材料の一つ。わら製の床 (とこ) の上に畳表を縫いつけたもので,多くの場合畳縁をつける。大きさは地方によって,京間,田舎間などと呼ばれ異なるが,一般には 180cm× 90cm内外である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょう〔デフ〕【畳】

[接尾]助数詞。たたみの数を数えるのに用いる。「六の部屋」「千敷」

じょう【畳〔疊〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジョウ(デフ)(呉) [訓]たたむ たたみ
〈ジョウ〉同じものが重なる。「畳韻畳句畳語重畳
〈たたみ(だたみ)〉「畳表青畳石畳
[名のり]あき
[難読]畳紙(たとうがみ)

たたみ【畳】

和室の床に敷くもの。わらを重ねて麻糸で締めた床(とこ)に、藺草(いぐさ)で編んだ表をつけ、ふつう、両縁に布でへりをつける。
履物の表につける、藺草・籐(とう)・竹の皮などで編んだもの。
古く、敷物の総称。むしろこも薄べりの類。平安時代から行われ、初めは貴人の座る所にだけ置かれ、室町時代ごろからは部屋全体に敷き詰めるようになった。
(畳み)たたむこと。「折り畳みの傘」
[下接語](だたみ)青畳石畳板畳岩畳貴人(きにん)畳客畳霜畳袖(そで)畳み手前畳床(とこ)畳踏み込み畳藪(やぶ)畳

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

畳【たたみ】

和室の床上に敷く日本独特の敷物の一種。わら製の畳床にイグサで織った畳表をのせ,縁(へり)を付ける。古代の寝殿造では座具として使用されたが,室町以降書院造が完成されてから部屋全体に敷くようになった。
→関連項目畳割

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本文化いろは事典の解説

畳は、奈良時代には権威を表すものとして使用され、江戸時代以降に民衆に普及し、住宅の重要な床材として使用されてきました。それは畳が日本の気候に適しているからです。住宅の洋風化に伴い、和室の数が大きく減少してしまいましたが、最近、空気清浄効果などの効果も発見され、自然素材の床材として注目されています。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

畳表(おもて)と畳床(どこ)と畳縁(べり)で構成される。畳の寸法は地域により異なるが、代表的なものに京間(191×95.5cm)や関東間(約176×88cm)などがある。畳床には、稲わら床、インシュレーションボードなどを積層した化学畳などがある。形状は、長畳(標準の畳)、半畳、台目畳などがある。→関西間、関東間

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たたみ【畳】

日本住宅に使われる伝統的な床材。よく乾燥した稲わらを縦横約1m×2m,厚さ5cmほどに麻糸で縫い固めた畳床(たたみどこ)の表面に,イグサ(藺草)を木綿糸で編んだ畳表(たたみおもて)を麻糸を使って端部で縫い付け,縫目を布縁(へり)で覆ったもの。薄板を張った床板上に,部屋の大きさに合わせて何枚も敷き詰める。床の構成材であると同時に,座具としての機能も備えている。 畳が現在のように部屋の床一面に敷き詰められるようになったのは15世紀末ころからであり,それ以前は移動可能な座具であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じょう【畳】

( 接尾 )
助数詞。たたみの数を数えるのに用いる。 「千-敷」 「四-半の部屋」

たたみ【畳】

〔動詞「たたむ」の連用形から〕
わらを縫い固めて作った畳床たたみどこを藺草いぐさで編んだ畳表でおおったもの。普通、長さ一間、幅半間であるが地方により大きさは異なる。和室の床に敷く。古くは人の座る所だけに敷いた。 → 京間田舎間
草履・下駄などの表につける藺草・籐とう・竹などで編んだもの。
むしろ・こも・ござなど、敷物の総称。 「その皮を-に刺し、八重畳平群の山に/万葉集 3885

たとう【畳】

「たとうがみ」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

たたみ【畳】

稲わらを糸で厚さ5cmほどにまとめた畳床(たたみどこ)をいぐさで織った畳表(たたみおもて)でおおったもの。和室の床に敷きつめて用いる。古くは板敷きの床の、人が坐臥(ざが)するところにだけ敷いた。近年は合成樹脂を使用した軽い畳床も多い。畳表が傷むと表だけ張り替える。寸法は地域などによって異なり、西日本では約191cm×約96cmの京間東日本では約176cm×約88cmの江戸間が多い。京間と江戸間の中間サイズを中京間(ちゅうきょうま)、団地やマンションなどで使われる、江戸間より小さく寸法が一定していない畳を団地サイズなどともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


たたみ

(わら)を糸で刺して固めた床(とこ)に、イグサを横糸として織った表(おもて)をつけた、部屋の床(ゆか)に敷き詰める床(ゆか)材料。四方の側面に床(とこ)の断面が現れるので、短辺の断面を表で包む。長辺の断面は表で包まず、布の縁(へり)をつけて包んでいる。縁は、側面が見える置畳(おきだたみ)にするときや追い回しに敷いたときに必要なだけでなく、色や模様で身分を表したり、装飾的な役割をもっていた。イグサを織った表だけを草履(ぞうり)などに張り付けるときなど、表だけでも畳とよぶことがある。[平井 聖]

歴史

畳は、古代には倚子(いし)、円座、草(そうとん)などとともに座具であった。大きさは初めはまちまちであったが、幅はイグサの長さでおおよそ決まり、長さは技術的に自由であるところから、1人が座るためのほぼ正方形のもの、2人から3人が座るための長さが幅の倍、あるいはそれより長いものなどができた。時代が下るとともにしだいに大きさが決まり、長辺はほぼ1間(けん)(6尺。1尺は約30センチメートル)、短辺はその半分でほぼ2分の1間になった。座具として持ち運んだのでそれほど重くなく、持ち運ぶとき、しなって曲線を描く程度に柔らかかったが、敷き詰めるようになると固く重いものになった。
 用例をみると、大嘗会(だいじょうえ)の際の正殿である悠基殿(ゆきでん)・主基殿(すきでん)の室では、神の寝床に畳を何枚も重ねるほか、神と天皇が座るところにも畳を敷いた。平安時代の寝殿造では、板敷きの床の上に円座などとともに置畳として使われている。置畳は寝殿の中で使われているだけでなく、行事のおりに庭に敷かれた例も年中行事絵巻にみることができる。置畳の敷き方にも、身分などによって、畳を1枚だけ敷く場合のほかに、重ねる場合、円座と重ねる場合、2枚を正方形に並べその上に茵(しとね)を重ねる場合などがあった。
 平安時代の末期には、狭い部屋では敷き詰めにするところも現れたが、中世の例では通常、部屋の周囲に1列だけ敷く追い回し敷きであった。いまでも、禅宗寺院の方丈の室中に追い回し敷きの例がみられる。追い回しに敷いた場合、その中は板敷きのままが普通であったが、ときには莚(むしろ)を敷くこともあり、しだいに部屋全体に敷き詰めるようになった。敷き詰めになると、置畳のときのように畳・円座などの座具を使い分けることによって身分を表すことができなくなったので、1段床(ゆか)のあがった床(とこ)を設けるようになった。この床が定常化して上段になったと考えられている。また、1段床(ゆか)があがった床(とこ)が原形になって畳床(たたみどこ)が生まれたとも考えられている。敷き詰めた畳の上にまた2畳の置畳をする場合もあった。縁は黒のほか茶・赤などの無地が普通であるが、白地に黒の紋のある紋縁、色の縞(しま)になった置畳用のものなどがある。
 畳の大きさは、近畿地方では桃山時代の終わりあるいは江戸時代の始めごろから、長辺6尺3寸に短辺3尺1寸5分とする規格化された畳を用いるようになった。そのころ京都近辺では、柱間を7尺あるいは6尺5寸などを基準として決めた心々制の設計法がとられていたが、内裏(だいり)や二条城の大広間のような公家(くげ)や武家の公式の建物以外では、しだいに6尺5寸の心々制から6尺3寸に3尺1寸5分の大きさの畳を基準とした畳割りの設計方法に変わっている。そのほかに、基準となる1間を6尺とする心々制をとっていた江戸をはじめとする地域もあり、江戸時代には畳もこれらの基準にあわせて主として3種類の規格が用いられていた。そのほかに、江戸時代には長い辺が1間の4分の3程度になった短めの台目畳が茶室で用いられ、茶の点前(てまえ)をする場所に使われている。[平井 聖]

種類

畳は、柱間寸法(大きさ)、形状、厚さ、縁(へり)の有無などによって、種類がいろいろある。
 畳は、畳床(どこ)、畳表(おもて)、畳縁(べり)などからなる。[中村 仁]

畳床

よく乾燥した稲藁(いねわら)を麻糸などで縦横に縫い固めてつくった畳の台。その年に収穫した藁は水分が多く、しけ虫がわく場合が多いことから、刈り入れ後数か月以上乾燥させたものを用いる。1年越しの藁はひね藁といわれ、好まれる。畳床には、手縫い床と機械床がある。元来、手縫いだったが、大正中期から機械床が現れ、現在はほとんどが機械床である。JIS(ジス)(日本工業規格)による断面は6層または4層となっている(JIS A 5901)。
 また、床の間の一形式をさすこともある。床框(とこがまち)を入れ、本畳を敷いた床の間である。[中村 仁]

畳表

畳床の上にかけるもので、イグサの茎を横糸に、麻または木綿を縦糸にして織った敷物。略して表(おもて)ともいう。産地によって、備前(びぜん)表、備後(びんご)表、高知表、八代(やつしろ)表、琉球(りゅうきゅう)表(主として大分県)、諸目(もろめ)表(静岡県)、小松表(石川県)がある。また、縦糸の種類で、糸引(いとびき)表(綿糸)、麻引(あさびき)表(大麻(たいま)、マニラ、さんりん混合)、市皮(いちび)表(市皮という草)、織り方の違いで、手織表、動力表、縦糸の数すなわち目数によって、目塞(めせき)表(縦糸1本で64~67の目数)、諸目表(2本で61)、九目(ここのめ)表(2本で59)、七目(ななつめ)表(2本で49)に分けられる。ほかに、イグサの使い方の違いで、引通(ひきとお)し表(全横幅を1本のイグサで引き通したもの)、中継(なかつぎ)表(2本のイグサを中央で継ぎ、裏側に飛び出させてある)、飛込(とびこみ)表(中継と同じように継ぐが、継ぎ目が見えないように引き込んである)などの区別がある。[中村 仁]

畳縁

畳表を床(とこ)につけるときに長手方向の縁を、イグサと直交して縁どる布のこと。絹、麻、木綿、化繊などが用いられ、色は黒、紺、柿(かき)、納戸(なんど)、鶯(うぐいす)、鼠(ねずみ)のほか、模様のものがある。一般住宅には、濃紺色の松江田縁(まつえだべり)、上級品には、木麻・紡績麻などを京染めして織った高宮縁(たかみやべり)、白地の綾(あや)に雲形や菊形の文様を黒く織り出した高麗縁(こうらいべり)などがある。
 畳縁は、下地に用いる縁下紙と、畳の隅の崩れや隅の角度と保つ頭板(かしらいた)を添えて取り付けられる。頭板は、畳床と畳表との間に挿入される薄い板で、板目の檜(ひのき)材が用いられる。
 最近では、日本風の畳をプラスチックでつくった軽い畳が市販されている。畳床に、各種の発泡プラスチックを使ったもの、畳表として、ビニルレザーに表の模様を加工してつけたもの、あるいはポリプロピレンによる中空チューブをイグサのようにして織ったものなどが開発されている。また一方では、従来の材料を用いながら、工程をロボットのようなもので自動化する試みも行われている。[中村 仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【敷物】より

…すわる風習の場合には,すわりごこちを快適にするのが主目的であるが,椅子式の風習の場合には,室内を美化することと足ざわりを柔らかくするのが目的である。前者には,むしろ,ござ,畳,座布団などがあり,後者には,緞通(だんつう),絨毯(じゆうたん)(カーペット),ラッグやマットなどがある。カーペットは所定の場所に固定して敷きつめるもの,ラッグは暖炉の前などに飾りに敷いたりする小型で任意の場所に随時に用いられるもの,マットはだいたい粗末な材料で作ったもので,浴場の足ふき(バス・マット)や玄関の靴ふきなどに用いられる。…

【住居】より

…身舎の西4間板張床の広い部屋で,中を屛風や几帳(きちよう)で適当に仕切って日常の生活を行った。座具としては置畳(おきだたみ)を敷き,寝所には,床を一段高くし,四本柱で天井を支えて四方に帳を垂らした帳台が使われていた。東三条殿は貴族住居では最大規模のものであるが,寝殿などの構成原理は他の貴族住居に共通していたものと考えられる。…

【書院造】より

…この座敷飾は中世末までに会所の枠をこえて住宅の主座敷を飾る方式として定着した。同じ時期に住宅屋内の機能別専用空間化が進行し,間仕切建具の発達によって屋内を諸室に細分し,各室に畳を敷きつめるなどの一連の変化が生じた。足利義政が応仁の乱後に経営した東山殿の常御殿や会所の屋内諸座敷の構成は,これらの一連の住宅形式の新傾向を採用したものであった。…

【寝具】より

…材料は菰(こも),稲,菅(すげ),蒲(がま),萱(かや),藺(い)などで,最初は一重に編んで用いた。やがてこれを何枚か重ねて綴じつけ,縁をつけたとなった。〈たたみ〉とは積み重ねることを意味している。…

※「畳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

畳の関連キーワード打ち恐り止し交い崩えこき差ししたら削ぎ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

畳の関連情報