コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疑うらくは ウタガウラクハ

デジタル大辞泉の解説

うたがうらく‐は〔うたがふらく‐〕【疑うらくは】

[連語]《動詞「うたがう」の終止形+接尾語「らく」+係助詞」》疑ってみることには。恐らく。ひょっとして。
「―君却て妾を思わざるべし」〈織田訳・花柳春話
[補説]本来「うたが(疑)う」のク語法は「うたがわく」であるが、平安末期ごろから、接尾語「らく」の付いたこの形も用いられるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うたがうらくは【疑うらくは】

( 連語 )
〔本来「うたがわくは」とあるべき語。「らく」は「告ぐらく」「すらく」などの「らく」が接尾語化したもの〕
疑問に思うことには。恐らくは。推測するに。多分。うたごうらくは。 「 -君却て妾を思はざるべし/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

疑うらくはの関連キーワード「静夜思」李白鶯鶯伝連語