コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疲労破壊 ひろうはかいfatigue fracture

世界大百科事典 第2版の解説

ひろうはかい【疲労破壊 fatigue fracture】

材料に,その材料の静的破壊応力よりも小さい応力が繰り返し与えられた場合に,亀裂が徐々に進展し,ついに負荷能力を失う現象。これは,脆性破壊(ぜいせいはかい)などと並び第2次大戦後最大の破壊の原因の一つに挙げられたが,航空機離着陸による気圧の差がもたらす低サイクル疲労破壊など,機械・構造物の破壊事故は疲労によるものが大部分を占めている。しかし,この現象はその負荷条件あるいは材料の種類に依存して非常に複雑で,現在においても疲労に対する確立された対策というものは存在していない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひろう‐はかい〔ヒラウハクワイ〕【疲労破壊】

材料に小さな力が繰り返し加わることによって、微細な亀裂が生じ、破壊にいたる現象。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

疲労破壊
ひろうはかい
fatigue failure

材料が、時間により大きさの変動する力、あるいは一定の力を繰り返し受けることによって破壊する現象。単に疲労ともいう。材料を節約し、軽量で余分な強度をもたせずに高度の機能を発揮することが要求される最近の機械や構造物の設計においては、疲労破壊に対する材料の強さ、すなわち疲労強度は、材料の機械的性質のなかでもっとも重要なものの一つである。疲労破壊は延性材料の場合でも、きわめて局部的な塑性変形しか伴わない。疲労による亀裂(きれつ)は一般に部材断面の縁(へり)に生じてまず破壊の核が形成され、それを中心に亀裂が進展して、有効断面積の減少と亀裂先端での応力集中とにより、ついに全体的破壊に至る。繰り返し加わる応力の大きさが静的な破壊応力より低く、弾性限度以下であっても疲労破壊が生じうる。繰り返し応力の大きさと破壊するまでの繰り返し数との関係を図示したものをSN曲線という。鉄鋼材料では、ある大きさ以下の応力をいくら繰り返し加えても疲労破壊のおこらない限界が存在する(疲労限度)。[林 邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の疲労破壊の言及

【骨折】より

…骨折の大部分は,正常な骨にその抵抗力以上の外力が加わって起こる外傷性骨折である。一回一回の外力はたとえ軽微であっても骨の同一部位に繰り返し加えられると,金属の疲労現象のようにその部に骨折が生じる場合があり,これを疲労骨折fatigue fractureという。また骨自体になんらかの病変があって,正常な骨であれば骨折しない程度の外力によって骨折を生じる場合を病的骨折pathological fractureという。…

※「疲労破壊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

疲労破壊の関連キーワードデハビランド・コメットロケット(飛行体)ピッティング高高度飛行金属の疲労金属疲労腐食風化疲れ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android