コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

病む ヤム

デジタル大辞泉の解説

や・む【病む】

[動マ五(四)]
病気になる。わずらう。「久しく―・んでいる」
傷などが痛む。
「私も、何様なに―・んだろうと思ってね」〈小杉天外魔風恋風
病気におかされる。「胸を―・む」「リューマチを―・む」
心をなやます。心配する。「ささいなことをに―・む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やむ【病む】

( 動五[四] )
病気の状態である。また、病気に冒される。 「肺を-・む」 「 - ・んだ体に鞭むち打って制作にはげむ」 「からき命まうけて、久しく-・みゐたりけり/徒然 53
悩ます。心配する。 「気に-・む」 「苦に-・む」
傷などが痛む。 「歯をいみじう-・みて/枕草子 189

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

病むの関連キーワードベルト(Giuseppe Berto)ロバート・ランネルス ウィリアムズK. モチュリスキー隣の疝気を頭痛に病むB. シュトラウスサマセット(公)トクトア(脱脱)シャルパンティエ疚しい・疾しいG. ベルトモンフォール酔いどれ天使負薪の憂い若き娘たち丑の時参り世の中心地苦にする吉野秀雄苦に病む吉備武彦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

病むの関連情報