コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癒着性中耳炎 ゆちゃくせいちゅうじえん Adhesive 0titis Media

1件 の用語解説(癒着性中耳炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ゆちゃくせいちゅうじえん【癒着性中耳炎 Adhesive 0titis Media】

[どんな病気か]
 難治性滲出性中耳炎(なんちせいしんしゅつせいちゅうじえん)(「滲出性中耳炎(中耳カタル)」)が治療されないまま長期間経過すると、中耳内の陰圧(いんあつ)が続いて鼓膜(こまく)が鼓室(こしつ)の裏側と接着し、そのうちに癒着(ゆちゃく)がおこります。
 この状態が癒着性中耳炎で、癒着が長期間続くほど難聴(なんちょう)がひどくなります。
[検査と診断]
 鼓膜の観察、聴力(ちょうりょく)検査を行なうほか、CTで癒着の程度、耳小骨(じしょうこつ)の破壊の程度、障害の程度を調べます。
 この検査結果から、5段階に分類され、段階によって治療法が異なります。
①接着期
 顕微鏡(けんびきょう)で鼓膜を観察し、鼓膜切開(こまくせっかい)を行なって鼓膜を吸引すると、鼓室から鼓膜をもち上げることができます。
●治療
 鼓膜チューブを長期間留置(りゅうち)すれば、陥凹(かんおう)した鼓膜が正常な位置にまで戻ることが多いのですが、治るまで年単位の期間が必要です。
②癒着初期
 一度癒着がおこってしまうと、鼓膜を正常な位置に戻すことはできません。
●治療
 聴力が正常であれば、とくに治療をせず、経過を観察します。
 滲出性中耳炎をともなう場合は、さらに悪化しないように鼓膜チューブ留置を継続します。
 耳小骨が破壊されないようにすることがたいせつです。とくにかぜをひいた後は、滲出性中耳炎が必ずおこるので、鼓膜チューブ留置と耳管通気療法(じかんつうきりょうほう)(コラム通気療法のいろいろ」)を併用します。
③癒着中期(耳小骨離断(じしょうこつりだん))
 鼓膜が癒着してさらに長期間が経過すると、耳小骨(きぬた骨長脚(こつちょうきゃく)とあぶみ骨(こつ))が破壊され、中等度の伝音難聴(でんおんなんちょう)(「伝音難聴と感音難聴」)がおこります。
●治療
 入院して、癒着した鼓膜を剥離挙上(はくりきょじょう)するとともに耳小骨連鎖(じしょうこつれんさ)の再建を行なう聴力改善手術が必要です。
④癒着後期(内耳障害)
 さらに長期間が経過すると、中耳の炎症が内耳にも波及し、混合難聴(こんごうなんちょう)(「伝音難聴と感音難聴」)がおこってきます。
●治療
 耳小骨の離断が明らかであれば(伝音難聴成分が大きい)、鼓室形成術(こしつけいせいじゅつ)が必要になります。
⑤癒着末期(聾(ろう))
 聾(普通の会話の10倍以上の音が聞こえない高度難聴)になると、鼓室形成術による聴力改善の望みはありません。左右両方が聾になった場合は人工内耳(じんこうないじ)手術(コラム「人工内耳」)が必要になります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

癒着性中耳炎の関連キーワード滲出性体質中耳炎慢性中耳炎滲出性炎症何心地難治溶連菌感染症急性中耳炎滲出性中耳炎中耳炎 (otitis media)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone