コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工内耳 じんこうないじ

家庭医学館の解説

じんこうないじ【人工内耳】

 重度の聴覚障害(ちょうかくしょうがい)のある人に音を聞こえるようにする装置が人工内耳です。音を増幅する補聴器(ほちょうき)とちがい、音を電気信号にかえ、直接、聴神経(ちょうしんけい)に伝えます。体外装置との後ろの皮膚の下に植え込むインプラントからなっています。
 体外装置には、マイクロホンやスピーチプロセッサ、送信コイルがあります。外耳にかけたマイクロホンが音(空気の振動)を拾い、スピーチプロセッサというコンパクトな装置に送り、音を大きさや高低などによって電気的に処理します。こうして処理された信号は、送信コイルを通して、インプラントに伝わります。
 インプラントは受信器と多数の電極でできています。受信器は側頭骨(そくとうこつ)にくぼみをつくって植え込まれ、電極は蝸牛(かぎゅう)に挿入されて聴神経を刺激します。この刺激が脳に伝わって、音と認識されるわけです。
 植え込み手術のために2~4週間入院し、装着後は、2~3か月のリハビリテーションが必要です。植え込んだ部分に強い衝撃を与えないように注意すれば、とくに日常生活に問題はありません。
 人工内耳の適応となるのは、生後に両方の内耳(ないじ)の機能を失った人で、補聴器が有効でない人です。人工内耳の装用については、担当の医師と十分相談して決定してください。

出典 小学館家庭医学館について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

人工内耳

耳にかけた小さな機械が拾った音を、体内に埋め込んだインプラントが電気信号に変換し、内耳の蝸牛(かぎゅう)に入れた電極を通じて聴神経を刺激する装置。手術と、その後の音の調整が必要。個人差はあるが、平均すると中度から軽度難聴程度には聞こえるようになるという。

(2017-12-21 朝日新聞 朝刊 岡山全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

人工内耳【じんこうないじ】

音がから入って聞こえるということは,外耳→中耳→内耳→聴神経→大脳というルートを,音が瞬時に伝わっていることである。難聴はこのルートのどこかに障害があることで起こるが,このうち内耳が原因による難聴を治すために,内耳の役割を果たす装置を人工内耳という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人工内耳
じんこうないじ

内耳に電極を埋め込んで聴神経を刺激し、聴力を得るための人工臓器。重度の難聴(聴力レベルが80~90デシベル以上の補聴器を使用しても人のことばが聞き取れない)で、内耳より奥の細胞や神経の障害により起こる両側性の感音性難聴におもに適用される。鼓膜から伝わった振動は内耳で電気信号に変換されるが、人工内耳では電気信号を直接的に内耳に伝えるため、電極を内耳にある蝸牛(かぎゅう)のなかに埋め込む。耳にかけるタイプの補聴器に似た体外装置により、マイクで拾った音声をスピーチプロセッサーで周波数を分析処理して得られた電気信号が人工内耳へ伝えられる。電気信号は電極から聴神経を伝わって脳へ送りこまれ、最終的に音声として認識される。日本では1994年(平成6)に保険適用となり、扱う医療機関も多い。先天性難聴への適応例も増え、生後の早い時期に人工内耳を装着することにより言語習得の促進につながるため、先天性難聴の早期発見のための新生児聴覚スクリーニング検査なども行われるようになった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

人工内耳の関連キーワード残存聴力活用型人工内耳岡山かなりや学園子どもの言語障害EAS(医学)聴覚障害教育癒着性中耳炎聴覚補助具聴覚口話法人工中耳幼児難聴口話法

人工内耳の関連情報