コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発汗療法 はっかんりょうほうsweating treatment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発汗療法
はっかんりょうほう
sweating treatment

人工的に発汗させ,貯熱を放散させたり,新陳代謝産物または体内に蓄積した異常物質を排除させたり,余剰水分を放出させるとか,ときとしては非特異的変調効果を期待する治療法。乾熱か湿熱が用いられるが,乾熱を利用するほうが多い。サウナはその一例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はっかん‐りょうほう〔‐レウハフ〕【発汗療法】

発汗を促進して病気を治療する方法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

発汗療法【はっかんりょうほう】

発汗を促して体熱を奪い,汗とともに毒物を排出させたり,生体の反応パターンを変化させたりすることによって疾患を治療する方法。アスピリンピロカルピン等の発汗薬の投与,温浴,電気浴などを用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

はっかんりょうほう【発汗療法】

体熱を下げたり、水分の排出を促すために、発汗剤や熱気浴などで多量の発汗を起こさせる治療法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

発汗療法の関連キーワード咽頭炎発汗剤熱気浴砂湯

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android