コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井華陽 しらい かよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井華陽 しらい-かよう

?-1836 江戸時代後期の画家。
画を呉北汀(ご-ほくてい)にならい,江戸で亀田鵬斎(ほうさい)に儒学を,京都で岸駒(がんく),岸岱(がんたい)父子に画をまなぶ。花鳥画を得意とした。天保(てんぽう)7年9月死去。越後(えちご)(新潟県)出身。名は景広。字(あざな)は士潤。通称は貞介。別号に楳(梅)泉。著作に「画乗要略」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

白井華陽の関連キーワード上田華堂竹村良明深見香蘭菱川師信小浦松園岸派

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android