コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井華陽 しらい かよう

1件 の用語解説(白井華陽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井華陽 しらい-かよう

?-1836 江戸時代後期の画家。
画を呉北汀(ご-ほくてい)にならい,江戸で亀田鵬斎(ほうさい)に儒学を,京都で岸駒(がんく),岸岱(がんたい)父子に画をまなぶ。花鳥画を得意とした。天保(てんぽう)7年9月死去。越後(えちご)(新潟県)出身。名は景広。字(あざな)は士潤。通称は貞介。別号に楳(梅)泉。著作に「画乗要略」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白井華陽の関連キーワード郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒化政文化テキサス併合浜田藩カトリーナ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone