コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白加賀 シロカガ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐かが【白加賀】

純白の加賀絹。本羽二重よりは劣るとされた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

白加賀

群馬県など、主に関東地方で生産されるウメ果皮は淡黄緑色で光沢があり、果肉は肉厚で緻密。梅酒や梅シロップ、梅干などの加工に向く。「しらかが」とも読む。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しろかが【白加賀】

白色の加賀絹。
梅の栽培品種の一。花は白色で、果実を食用にする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白加賀の関連キーワードブランデー薫る梅酒 梅の詩美味淡麗 白加賀梅酒白加賀でつくった梅酒梅原酒 白加賀栽培品種梅干し群馬県白色食用果実

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白加賀の関連情報