コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白尾国柱 しらお くにはしら

1件 の用語解説(白尾国柱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白尾国柱 しらお-くにはしら

1762-1821 江戸時代中期-後期の国学者。
宝暦12年8月5日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。記録奉行,物頭をつとめた。江戸で塙保己一(はなわ-ほきいち),村田春海(はるみ)にまなぶ。藩主島津重豪(しげひで)の命で,曾占春(そう-せんしゅん)と農事・博物書「成形図説」を編集した。文政4年2月15日死去。60歳。本姓は本田。名ははじめ親白,親麿。通称は斎蔵。号は鼓川。著作に「神代山陵考」「倭文麻環(しずのおだまき)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白尾国柱の関連キーワード市村羽左衛門ブロートンビュート伯後桜町天皇桃園天皇後桜町天皇シラン桃園天皇女帝中島三甫右衛門

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone