コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白尾斎蔵 しらお・さいぞう

1件 の用語解説(白尾斎蔵の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

白尾斎蔵

没年:文政4.2.15(1821.3.18)
生年:宝暦12.8.5(1762.9.22)
江戸中期の国学者。薩摩(鹿児島)藩士。薩摩国岩崎村(鹿児島県岩崎)に生まれる。本多休左衛門親昌の次男。名は親白。通称初め助之進のちに斎蔵。号は親麿,国柱,鼓泉,端楓。寛政2(1790)年,29歳のとき薩摩藩士白尾国倫の養子となる。のち江戸藩邸に召され,藩主島津重豪のもとで記録奉行,物頭などを勤め,本草学に造詣の深い藩主の命で,近臣の博物学者曾槃と共に江戸期を代表する物産学図鑑である『成形図説』全100巻の編纂にしたがった。そのうち30巻は文化1(1804)年に刊行された。江戸で塙保己一,村田春海に師事し,本居宣長を慕ったが,面談することは得なかったらしい。

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白尾斎蔵の関連キーワード安部和貞檜垣貞盈加藤直蔭名倉安興薩摩鹿児島古薩摩西俣因悦若松則文

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone