コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白尾斎蔵 しらお・さいぞう

1件 の用語解説(白尾斎蔵の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

白尾斎蔵

没年:文政4.2.15(1821.3.18)
生年:宝暦12.8.5(1762.9.22)
江戸中期の国学者。薩摩(鹿児島)藩士。薩摩国岩崎村(鹿児島県岩崎)に生まれる。本多休左衛門親昌の次男。名は親白。通称初め助之進のちに斎蔵。号は親麿,国柱,鼓泉,端楓。寛政2(1790)年,29歳のとき薩摩藩士白尾国倫の養子となる。のち江戸藩邸に召され,藩主島津重豪のもとで記録奉行,物頭などを勤め,本草学に造詣の深い藩主の命で,近臣の博物学者曾槃と共に江戸期を代表する物産学図鑑である『成形図説』全100巻の編纂にしたがった。そのうち30巻は文化1(1804)年に刊行された。江戸で塙保己一,村田春海に師事し,本居宣長を慕ったが,面談することは得なかったらしい。

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

白尾斎蔵の関連キーワードブロートンボーキサイト花崗岩嵐璃寛銚子醤油メキシコ美術教養小説アイスランド火山噴火千葉ののり長久保赤水

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone