コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白幽子 はくゆうし

美術人名辞典の解説

白幽子

江戸中期の書家・隠士石川丈山の弟子石川克之の弟。名は慈俊。京都白川の山中に住し常に金剛経を誦した。石川丈山の師友といわれ、その筆法は超凡にして仙境の人の筆跡も此の如しと称された。天文、医道にも通じたといわれる。宝永6年(1709)歿。一説にはこの年白川の山中を出たともいう。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白幽子 はくゆうし

?-1709 江戸時代前期-中期の隠者。
石川丈山に師事。のち京都白川の山中に庵をむすぶ。天文,医学,書に通じた。宝永のころ白隠慧鶴(えかく)に養生の術である内観秘法をさずけたという。筆法も並みはずれていたとつたえられる。宝永6年7月25日死去。名は慈俊。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

白幽子の関連キーワード隠者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android