白書院(読み)シロショイン

デジタル大辞泉の解説

しろ‐しょいん〔‐シヨヰン〕【白書院】

《「しろじょいん」とも》檜(ひのき)の木造りを主とし、漆塗りをしていない書院。武家では奥向き、寺家では表向きの座敷。→黒書院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しろ‐しょいん ‥ショヰン【白書院】

〘名〙 (「しろじょいん」とも) 近世、武家住宅内の建物の一つ。柱は白木(しらき)で、漆などを塗っていない書院。江戸城本丸御殿では一番主要な大広間の次にあり、表向きの部屋として儀式を行なったり、来客と対面したりするのに用いた。対面所とも。黒書院はこの奥にある。
※俳諧・類船集(1676)之「御城中にも白書院くろ書院とて有と也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の白書院の言及

【白木・黒木】より

…中世の邸宅のなかにも黒木御所の名称が見えるが,黒木のもつ自然的表現を洗練させ美的様式として完成させたのは,茶室や,茶室様式を邸宅に応用した数寄屋造(すきやづくり)である。江戸時代の将軍や大名の邸宅における白書院,黒書院の場合も,書院造の正規の様式による白書院に対して,黒書院には皮つきの柱などの数寄屋造の手法が用いられ,より内向きの接客に使われたが,両者間に様式的な差異がない場合もある。白木・黒木の対照的な使用は建築だけでなく,日常生活のいろいろな面に及んでおり,現在も使い捨ての楊枝(ようじ)に皮つきの〈くろもじ〉を使うなどの例が見られる。…

※「白書院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報