コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒書院 クロショイン

デジタル大辞泉の解説

くろ‐しょいん〔‐シヨヰン〕【黒書院】

《「くろじょいん」とも》将軍や大名などの大規模な殿舎に設けられた書院。天井の格子、障子の縁、床框(とこがまち)に至るまで黒漆塗りとしたもの。多く、居間風の座敷として使われた。→白書院(しろしょいん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろしょいん【黒書院】

〔「くろじょいん」とも〕
柱や長押なげしなどの木部に面皮材を用い、また色付けなどを施して仕上げた内向きの書院。江戸城では、高位のものが詰めた。 → 白書院

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒書院
くろしょいん

日本建築用語。表向きの書院、白書院に対しての語で、黒書院は内向きの書院をいう。白書院は白木造の書院から出た名で、柱、長押(なげし)、天井など部材はきれいに仕上げた角材を用い、障壁画(しょうへきが)も彩色画や水墨画になる。黒書院は黒木造の書院の意味で、部材は面皮(めんかわ)や磨丸太(みがきまるた)が用いられ、数寄屋(すきや)風の構成になる。障壁画は彩色画はなく水墨画とするか、または絵を描かない。京都の二条城や西本願寺の黒書院が有名。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黒書院の言及

【白木・黒木】より

…中世の邸宅のなかにも黒木御所の名称が見えるが,黒木のもつ自然的表現を洗練させ美的様式として完成させたのは,茶室や,茶室様式を邸宅に応用した数寄屋造(すきやづくり)である。江戸時代の将軍や大名の邸宅における白書院,黒書院の場合も,書院造の正規の様式による白書院に対して,黒書院には皮つきの柱などの数寄屋造の手法が用いられ,より内向きの接客に使われたが,両者間に様式的な差異がない場合もある。白木・黒木の対照的な使用は建築だけでなく,日常生活のいろいろな面に及んでおり,現在も使い捨ての楊枝(ようじ)に皮つきの〈くろもじ〉を使うなどの例が見られる。…

※「黒書院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒書院の関連キーワード京都府京都市下京区門前町加藤 英舟天野宗歩片桐石州数寄屋造御城将棋小姓組番御城碁溜の間青蓮院江戸城小性組二条城将棋床框溜間溜詰縁側

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒書院の関連情報