白江竜吉(読み)しらえ りゅうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白江竜吉 しらえ-りゅうきち

1838-1881 幕末-明治時代の武士,軍人。
天保(てんぽう)9年生まれ。久松土岐太郎(ときたろう)に高島流砲術をまなび,長崎奉行所につとめる。振遠隊にくわわり,戊辰(ぼしん)戦争では東北各地を転戦。維新後は仙台,大阪の鎮台参謀をつとめた。明治14年4月20日死去。44歳。肥前長崎出身。本姓柘植(つげ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android