コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白田 シロタ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐た【白田】

雪が積もっている冬の田。
《「畠」の字を「白」と「田」に分けて読んだものとも、「白田(はくでん)」を訓読みにしたものともいう》はたけ。
「うろたへて、―へ潜(くぐ)る畠垣(はたけがき)」〈浄・氷の朔日

はく‐でん【白田】

《「白」は乾いているの意》はたけ
[補説]国字の「畠」は「白」を一字化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しろた【白田】

雪のある冬の田。
〔「白」と「田」の合字である「畠」の字をもとの形に分解して訓読みにした語〕 はたけ。はくでん。 「うろたへて-へくぐる畠垣/浄瑠璃・氷の朔日

はくでん【白田】

はたけ。 〔「白」は水がなく乾いている意。「畠」は「白田」を合わせて作った国字〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白田の関連キーワードトサツツガムシ東伊豆[町]片瀬[温泉]東伊豆(町)大林芳五郎萩原 すげ山本 倉丘片瀬温泉白田温泉青田売買黒田売買白田久子妙高山けがき好島荘畑・畠浄瑠璃天城山陸田青田

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白田の関連情報