白石一文(読み)シライシカズフミ

デジタル大辞泉の解説

しらいし‐かずふみ【白石一文】

[1958~ ]小説家。福岡の生まれ。一郎の子。昭和58年(1983)文芸春秋入社、編集部員などを経て平成15年(2003)に退社し、文筆生活に入る。「ほかならぬ人へ」で第142回直木賞を受賞し、初の親子受賞となった。他に「どれくらいの愛情」「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白石一文 しらいし-かずふみ

1958- 平成時代の小説家。
昭和33年8月27日生まれ。昭和58年文芸春秋に入社,週刊文春などの編集にあたる。平成15年退社し,文筆生活にはいる。21年「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞。22年「ほかならぬ人へ」で直木賞。父は海洋歴史小説家の白石一郎。双子の弟白石文郎(ふみお)も小説家。福岡県出身。早大卒。著作はほかに「第二の世界」(滝口明の筆名),「一瞬の光」「どれくらいの愛情」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白石一文の関連情報