コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白色瞳孔 はくしょくどうこう Leukocoria

1件 の用語解説(白色瞳孔の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

はくしょくどうこう【白色瞳孔 Leukocoria】

[どんな病気か]
 瞳孔領(どうこうりょう)が黄白色に輝いて見える状態をいいますが、先天白内障(せんてんはくないしょう)は含みません。
[原因]
 つぎのようなさまざまな病気が原因でひきおこされます。
網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)
 悪性腫瘍(あくせいしゅよう)で片眼(へんがん)または両眼性(りょうがんせい)で、小眼球(しょうがんきゅう)はともないません。
■水晶体後線維増殖(すいしょうたいこうせんいぞうしょく)(症(しょう))(未熟児網膜症瘢痕期(みじゅくじもうまくしょうはんこんき))
 水晶体(すいしょうたい)後方にみられる白色組織で、両眼性です。
■第1次硝子体過形成遺残(だいいちじしょうしたいかけいせいいざん)
 片眼性で小眼球が多く、虹彩(こうさい)上に血管がみられます。
■脈絡膜欠損(みゃくらくまくけっそん)
 多くは両眼性で、小眼球をともないます。
コーツ病
 片眼性で、小眼球はともないません。
■網膜異形成(もうまくいけいせい)(症(しょう))
 両眼性で小眼球、浅前房(せんぜんぼう)、目以外の先天異常をともないます。
■先天網膜(せんてんもうまく)ひだ(先天網膜鎌状剥離(せんてんもうまくかまじょうはくり))
 小眼球をともなわない片眼性のものです。視神経乳頭(ししんけいにゅうとう)から白い色素状のものが分泌(ぶんぴつ)されて、周辺部(多くは外下方)におよび、網膜血管がそれに引き寄せられたように走っています。弱視(じゃくし)、眼振(がんしん)などがみられます。
■転移性眼内炎(てんいせいがんないえん)
 他の臓器から化膿菌(かのうきん)などの病原微生物が転移し、硝子体(しょうしたい)中に黄白色塊状の膿瘍(のうよう)を形成します。
ぶどう膜炎(まくえん)
 胎生期(たいせいき)の炎症によって生じた硝子体(しょうしたい)の黄色混濁(こんだく)で、両眼または片眼にみられます。血管はともなわないのがふつうです。
■トキソカリア症
 イヌやネコに寄生する回虫の幼虫が乳幼児に感染し、一方の目の硝子体中に、隆起した網脈絡膜肉芽腫(もうみゃくらくまくにくげしゅ)を形成します。
硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ)
 新生児の出血後の硝子体混濁で、両眼性または片眼性です。
 その他の原因疾患としては、強度近視(きんし)、網膜有髄神経線維(もうまくゆうずいしんけいせんい)があります。
[治療]
 原因となる疾患をつきとめ、それぞれの治療を行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典内の白色瞳孔の言及

【瞳孔】より

…これらの異常は,眼の局所の障害だけでなく,視神経炎や脳腫瘍といった,中枢神経系の障害でもみられる。また,子どもの瞳孔が黒く見えず白く見えることを〈白色瞳孔〉というが,これは網膜芽細胞腫,先天性白内障,進行した未熟児網膜症などでみられる。【岩重 博康】。…

※「白色瞳孔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白色瞳孔の関連キーワード黒内障瞳孔どうこう瞳孔反射何心地不死身プリマドンナ病は気から道光(3)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone