白蛇(読み)しろへび

精選版 日本国語大辞典「白蛇」の解説

しろ‐へび【白蛇】

〘名〙 皮膚(うろこ)に色素を欠き全身白色となった白子ヘビの総称。様々な種類にみられるが、特にアオダイショウの白子をさす。山口県岩国市には白化したアオダイショウが棲息し、国の天然記念物に指定されている。
※俳諧・八番日記‐文政四年(1821)九月「白蛇の穴入おがむ祭り哉」

はく‐じゃ【白蛇】

日葡辞書(1603‐04)「Facuja(ハクジャ)。シロイ ジャ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「白蛇」の解説

白蛇 (シロヘビ)

学名Elaphe climacophora
動物。ナミヘビ科の無毒ヘビであるアオダイショウの白化型(アルビノ)

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の白蛇の言及

【ヘビ(蛇)】より

…したがって蛇を見ることを忌み,それを直接指さすと指が腐るといって切り捨てるまねをしたり,夜,口笛を吹くと蛇がくるといってこれを戒めた。とくに白蛇は神使(しんし)として神聖視し,屋根裏にすむアオダイショウなどを家の神として敬ったのもネズミの天敵として有益な働きをしたからであろう。ことに蚕を害される養蚕農家などが蛇を尊んだこともうなずかれる。…

※「白蛇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android