白蛇(読み)シロヘビ

大辞林 第三版の解説

しろへび【白蛇】

アオダイショウの白変種。山口県岩国市麻里布まりふに生息。天然記念物。神の使いとされてきた。

はくじゃ【白蛇】

しろへび。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白蛇 (シロヘビ)

学名:Elaphe climacophora
動物。ナミヘビ科の無毒ヘビであるアオダイショウの白化型(アルビノ)

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の白蛇の言及

【ヘビ(蛇)】より

…したがって蛇を見ることを忌み,それを直接指さすと指が腐るといって切り捨てるまねをしたり,夜,口笛を吹くと蛇がくるといってこれを戒めた。とくに白蛇は神使(しんし)として神聖視し,屋根裏にすむアオダイショウなどを家の神として敬ったのもネズミの天敵として有益な働きをしたからであろう。ことに蚕を害される養蚕農家などが蛇を尊んだこともうなずかれる。…

※「白蛇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白蛇の関連情報