コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白詰草 シロツメクサ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐つめくさ【白詰草】

マメ科の多年草。茎は地をはい、3枚の小葉からなる複葉。夏、葉の付け根から花柄を伸ばし、白い小花を密集してつける。ヨーロッパの原産で、牧草などとして栽培もされるが、野生化している。名は、江戸時代に渡来したギヤマンを入れた箱の詰め物に使われたことによる。クローバー。オランダげんげ。つめくさ。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しろつめくさ【白詰草】

マメ科の多年草。ヨーロッパ原産。江戸時代に渡来し、各地に野生化している。牧草ともされる。茎は地をはい、倒卵形の小葉三個から成る複葉を互生。夏、長い花柄の頂に白色の蝶形花を球状につける。クローバー。オランダゲンゲ。ツメクサ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白詰草 (シロツメクサ)

学名:Trifolium repens
植物。マメ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

白詰草の関連キーワードシロクローバーツメクサ倒卵形馬肥白色球状互生

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android