白鳥 省吾(読み)シラトリ ショウゴ

20世紀日本人名事典「白鳥 省吾」の解説

白鳥 省吾
シラトリ ショウゴ

大正・昭和期の詩人



生年
明治23(1890)年2月27日

没年
昭和48(1973)年8月27日

出生地
宮城県栗原郡築館

学歴〔年〕
早稲田大学英文科〔大正2年〕卒

経歴
築館中在学中から「秀才文壇」に投稿を始める。大正3年処女詩集「世界の一人」を刊行、口語自由詩創成期を代表する作品といわれる。この頃からホイットマンに傾倒し、7年大正デモクラシーの流れをくむ民衆詩運動に参加。15年「地上楽園」を創刊し後進を育てた。昭和36年日本農民文学会会長。主な詩集に「大地の愛」「楽園の途上」「共生の旗」「灼熱氷河」「北斗の花環」、訳詩集「ホイットマン詩集」、評論集に「民主的文芸の先駆」「現代詩の研究」などがある。また民謡童謡校歌なども数多く作った。61年出身地の築館町から「白鳥省吾の詩とその生涯」が出版された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「白鳥 省吾」の解説

白鳥 省吾 (しらとり しょうご)

生年月日:1890年2月27日
大正時代;昭和時代の詩人。日本農民文学会会長
1973年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android