コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百々升益 どど しょうえき

1件 の用語解説(百々升益の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百々升益 どど-しょうえき

1808-1843 江戸時代後期の儒者。
文化5年生まれ。代々陸奥(むつ)遠田郡(宮城県)涌谷領主伊達氏につかえる医家。坂元玄岡に,ついで江戸の昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。飛騨(ひだ)(岐阜県)の鶴巻侯にまねかれるが,病気で辞職,のち江戸深川に家塾をひらいた。天保(てんぽう)14年6月9日死去。36歳。名は尚一。字(あざな)は泰初。号は遠田。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百々升益の関連キーワード1808年5月3日ゴヤ(年譜)上田秋成検察ブルボン朝バルカン科学史農書(農業に関する書物)小森桃塢平田篤胤墓

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone