コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百八煩悩 ヒャクハチボンノウ

デジタル大辞泉の解説

ひゃくはち‐ぼんのう〔‐ボンナウ〕【百八煩悩】

仏語。人間の心身を悩まし迷わせる煩悩。数の多いことを百八と示したもの。一説に、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根それぞれに悩みが六つあって36、これを過去・現在・未来にそれぞれ配して合計108とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゃくはちぼんのう【百八煩悩】

〘仏〙 一〇八種の心の迷い。その数え方は一様でないが、主なものに二種ある。一つは三界の見惑八十八使と三界の修惑十使にさらに十纏じゆうてんを加えたもの。もう一つは眼・耳・鼻・舌・身・意の六根にそれぞれ六つの煩悩があって三六、これらをそれぞれ過去・未来・現在に配して計一〇八とするもの。一般には、おびただしい人間の心の迷いのこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百八煩悩の関連キーワード鐘(楽器)百八の数珠百八の鐘除夜の鐘崔南善仏語迷い数珠三界除夜