コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百拙元養 ひゃくせつ げんよう

美術人名辞典の解説

百拙元養

江戸中期の黄檗宗の僧。姓は原田、百拙は道号、法諱は初め元椿。若くして臨済禅に入り大随玄機に師事し、のち師と共に黄檗宗仏国寺の高泉性潡に就く。高泉の法嗣となった大随の印可を受け、近衛家熙烏丸光広帰依を得て仏国寺九代、但馬豊岡興国寺五代住持となる。さらに、洛西鳴滝の尾形乾山旧居に海雲山法蔵寺中興、第一代となる。書画にすぐれ、詩歌・茶道にも通じた。寛延2年(1749)寂、82才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百拙元養 ひゃくせつ-げんよう

1668-1749 江戸時代前期-中期の僧。
寛文8年10月15日生まれ。黄檗(おうばく)宗。大随玄機の法をつぐ。近衛家煕(このえ-いえひろ)の帰依(きえ)をうけ,京都郊外に法蔵寺をひらく。詩歌,茶道,書画をよくした。寛延2年9月6日死去。82歳。京都出身。俗姓は原田。名は元椿。号は釣雪など。語録に「百拙和尚語録」,著作に「破草鞋(はぞうあい)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android