コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百済教法 くだらの きょうほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百済教法 くだらの-きょうほう

?-840 奈良-平安時代前期,桓武(かんむ)天皇の女御。
百済俊哲の娘。延暦(えんりゃく)24年相模(さがみ)(神奈川県)大住郡の田約2haを,弘仁(こうにん)2年山城(京都府)乙訓(おとくに)郡の畑約1haをあたえられた。承和(じょうわ)7年11月29日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

百済教法

没年:承和7(840)
生年:生年不詳
平安前期,桓武天皇の女御。百済王氏出身。河内国(大阪府)交野郡の百済王氏は桓武天皇と関係が深く,教法のほかに明信,教仁,貞香らの同族女性が後宮に入ったが,女御になったのは教法だけである。女御は嬪に代わって桓武天皇のときから現れる。延暦24(805)年に相模国大住郡の田2町を与えられ,弘仁2(811)年には山城国乙訓郡の畠1町を与えられた。承和7(840)年死去,時に従四位下であった。<参考文献>古代学協会編『桓武朝の諸問題』

(菅原征子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

百済教法の関連キーワードロタール[1世]百済教法ルートウィヒ[1世]ロタール[1世]アチェ紛争女子ソフトボールウイグル族ウイグル族と独立運動足利市消防職員文書偽造事件タジキスタン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone