コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇円 こうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皇円 こうえん

?-1169 平安時代後期の僧。
藤原資隆(すけたか)の弟。隆寛の叔父。天台宗。比叡(ひえい)山で皇覚にまなぶ。東塔の功徳院でおしえ,門下から法然をだした。歴史に造詣(ぞうけい)がふかく,史書「扶桑(ふそう)略記」を編修。嘉応(かおう)元年6月死去。通称は肥後阿闍梨(あじゃり),功徳院阿闍梨

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

皇円

生年:生没年不詳
平安後期の天台宗の僧。一説に嘉応1年6月13日(1169.7.9)死去。関白藤原道兼の後胤で,豊前守重兼の子。肥後阿闍梨という。椙生流の皇覚に師事し,比叡山東塔の功徳院に住む。顕密二教に通じた学僧で弟子に法然がいる。弥勒菩薩の来臨を待つため,蛇の身となって遠江国笠原庄(静岡県小笠郡)の桜池に住んだと伝えられる。歴史書『扶桑略記』の編者としても知られるが,同書は大江匡房ら複数の手になるもので,皇円はその抄本を作ったにすぎないと主張する説もある。甥の隆寛は法然の弟子となった。<参考文献>堀越光信「『扶桑略記』皇円撰述説に関する疑問」(『国書逸文研究』14号)

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の皇円の言及

【扶桑略記】より

…平安末期の編年体の歴史書。皇円著。巻末が1094年(嘉保1)で終わり,以降の成立である。…

※「皇円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

皇円の関連キーワード嘉応嘉応サラディン仁安アイユーブ朝サラーフ・アッディーンハインリヒ[6世]小槻広房覚性法親王加藤景員

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皇円の関連情報