コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇円 こうえん

2件 の用語解説(皇円の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皇円 こうえん

?-1169 平安時代後期の僧。
藤原資隆(すけたか)の弟。隆寛の叔父。天台宗。比叡(ひえい)山で皇覚にまなぶ。東塔の功徳院でおしえ,門下から法然をだした。歴史に造詣(ぞうけい)がふかく,史書「扶桑(ふそう)略記」を編修。嘉応(かおう)元年6月死去。通称は肥後阿闍梨(あじゃり),功徳院阿闍梨

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

皇円

生年:生没年不詳
平安後期の天台宗の僧。一説に嘉応1年6月13日(1169.7.9)死去。関白藤原道兼の後胤で,豊前守重兼の子。肥後阿闍梨という。椙生流の皇覚に師事し,比叡山東塔の功徳院に住む。顕密二教に通じた学僧で弟子に法然がいる。弥勒菩薩の来臨を待つため,蛇の身となって遠江国笠原庄(静岡県小笠郡)の桜池に住んだと伝えられる。歴史書『扶桑略記』の編者としても知られるが,同書は大江匡房ら複数の手になるもので,皇円はその抄本を作ったにすぎないと主張する説もある。甥の隆寛は法然の弟子となった。<参考文献>堀越光信「『扶桑略記』皇円撰述説に関する疑問」(『国書逸文研究』14号)

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の皇円の言及

【扶桑略記】より

…平安末期の編年体の歴史書。皇円著。巻末が1094年(嘉保1)で終わり,以降の成立である。…

※「皇円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

皇円の関連キーワード即真周湛百如慈芳普門円通孝暢打聞集元三大師義真六祖最円勝範

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皇円の関連情報