皇天(読み)コウテン

デジタル大辞泉の解説

こう‐てん〔クワウ‐〕【皇天】

天をつかさどる神。上帝。天帝。
「宛(さ)ながら―殊に吾一人を択んで」〈蘆花不如帰
天皇。皇室。
「猶(なほ)―を戴く者少なく候ふ間」〈太平記・三七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうてん【皇天】

天の神。上帝。天帝。 「運命-に在り/菅家後集」
天皇。皇室。 「天下の士卒なほ-を戴く者少なく候ふ間/太平記 37

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐てん クヮウ‥【皇天】

〘名〙 (「」はを尊ぶ意)
① 天を主宰する神。天。天帝。上帝
※続日本紀‐天平勝宝六年(762)七月丙午「朕聞。皇天輔徳。徳勝不祥」 〔詩経‐周頌・雝〕
② 天皇。天子。皇室。
※本朝文粋(1060頃)三・弁耆儒〈大江挙周〉「自然駿珍競至。朝皇天者。皆十五儒鶴板遙通」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android