コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇/黄 オウ

デジタル大辞泉の解説

おう【皇/黄】[漢字項目]

〈皇〉⇒こう
〈黄〉⇒こう

こう【皇】[漢字項目]

[音]コウ(クヮウ)(漢) オウ(ワウ)(呉) [訓]きみ すめらぎ すべらぎ
学習漢字]6年
〈コウ〉
天の偉大な神。造物主。「皇天
天子。王。君主。「皇帝教皇
天皇。「皇居皇后皇室皇族皇太子上皇
日本のこと。「皇紀皇国
(「惶(こう)」と通用)あわただしい。「倉皇
〈オウ〉天皇。「皇子天皇(てんのう)人皇(にんのう)法皇
[難読]皇孫(すめみま)天皇(すめらみこと)皇子(みこ)皇女(みこ)

すべ【皇】

[接頭]すめ(皇)」に同じ。「神」

すべ‐ら【皇】

[接頭]すめら」に同じ。

すめ【皇】

[接頭]神や天皇に関係ある語に付いて、尊び、褒めたたえる意を表す。すべ。「神」「御祖(みおや)」「孫(みま)」
[補説]「すめら」は、多く天皇に関して用いられるが、「すめ」は、諸神に関しても用いられる。

すめ‐ら【皇】

[接頭]天皇に関する事柄を表す語に付いて、敬意をこめてほめたたえる意を表す。すべら。「御軍(みくさ)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すべ【皇】

( 接頭 )
すめ」に同じ。 「 -神」

すべら【皇】

( 接頭 )
すめら(皇)」に同じ。

すべろぎ【皇】

すめ【皇】

( 接頭 )
名詞に付いて、それが神・天皇に関係あることを表し、敬意をこめてほめたたえる気持ちを表す。すべ。 「 -がみ」 「 -みま」 「 -おおみかみ」

すめら【皇】

( 接頭 )
天皇に関する事柄を表す語に付いて、敬意をこめてほめたたえる意を表す。すべら。 「 -みこと」 「 -みくさ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

皇/黄の関連キーワード天豊財重日足姫尊天国排開広庭尊大神宮・太神宮皇位継承順位飛鳥岡本宮本朝十二銭神宮皇学館飛鳥板蓋宮神道五部書神皇産霊尊春季皇霊祭山背大兄王おどる宗教穴穂部皇子池上阿闍梨下田 義照飛鳥川原宮五十鈴宮天武天皇皇極天皇

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android