コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇/黄 オウ

デジタル大辞泉の解説

おう【皇/黄】[漢字項目]

〈皇〉⇒こう
〈黄〉⇒こう

こう【皇】[漢字項目]

[音]コウ(クヮウ)(漢) オウ(ワウ)(呉) [訓]きみ すめらぎ すべらぎ
学習漢字]6年
〈コウ〉
天の偉大な神。造物主。「皇天
天子。王。君主。「皇帝教皇
天皇。「皇居皇后皇室皇族皇太子上皇
日本のこと。「皇紀皇国
(「惶(こう)」と通用)あわただしい。「倉皇
〈オウ〉天皇。「皇子天皇(てんのう)人皇(にんのう)法皇
[難読]皇孫(すめみま)天皇(すめらみこと)皇子(みこ)皇女(みこ)

すべ【皇】

[接頭]すめ(皇)」に同じ。「神」

すべ‐ら【皇】

[接頭]すめら」に同じ。

すめ【皇】

[接頭]神や天皇に関係ある語に付いて、尊び、褒めたたえる意を表す。すべ。「神」「御祖(みおや)」「孫(みま)」
[補説]「すめら」は、多く天皇に関して用いられるが、「すめ」は、諸神に関しても用いられる。

すめ‐ら【皇】

[接頭]天皇に関する事柄を表す語に付いて、敬意をこめてほめたたえる意を表す。すべら。「御軍(みくさ)」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すべ【皇】

( 接頭 )
すめ 」に同じ。 「 -神」

すべら【皇】

( 接頭 )
すめら(皇) 」に同じ。

すべろぎ【皇】

すめ【皇】

( 接頭 )
名詞に付いて、それが神・天皇に関係あることを表し、敬意をこめてほめたたえる気持ちを表す。すべ。 「 -がみ」 「 -みま」 「 -おおみかみ」

すめら【皇】

( 接頭 )
天皇に関する事柄を表す語に付いて、敬意をこめてほめたたえる意を表す。すべら。 「 -みこと」 「 -みくさ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

皇/黄の関連キーワード天豊財重日足姫尊天国排開広庭尊天照皇大神宮皇位継承順位おどる宗教飛鳥川原宮池上阿闍梨本朝十二銭五十鈴の宮神宮皇学館藤原聖子橘豊日尊藤原繋子五十鈴宮間人皇女朝日の宮田村皇子斉明天皇踊る宗教皇御祖

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android