コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇座山 おうざさん

1件 の用語解説(皇座山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇座山
おうざさん

山口県南東端,室津半島南部の山。柳井市と上関町の境にある。標高 527m。火山丘で花崗岩の上に安山岩が載り,山頂部は緩斜面で,皇座山ベビー牧場がある。室津からドライブウェーが通じる。展望にすぐれ瀬戸内海国立公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の皇座山の言及

【上関[町]】より

…1969年上関大橋が室津との間に架かって光市からの県道が長島西端四代(しだい)まで通じ,遊漁客が多い。室津背後の皇座(おうざ)山(527m)は瀬戸内海国立公園の一部で,西瀬戸内海の絶好の展望台である。【三浦 肇】。…

※「皇座山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皇座山の関連情報