コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇座山(読み)おうざさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇座山
おうざさん

山口県南東端,室津半島南部の山。柳井市上関町の境にある。標高 526m。火山丘で花崗岩の上に安山岩が載り,山頂部は緩斜面で,皇座山ベビー牧場がある。室津からドライブウェーが通じる。展望にすぐれ瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の皇座山の言及

【上関[町]】より

…1969年上関大橋が室津との間に架かって光市からの県道が長島西端四代(しだい)まで通じ,遊漁客が多い。室津背後の皇座(おうざ)山(527m)は瀬戸内海国立公園の一部で,西瀬戸内海の絶好の展望台である。【三浦 肇】。…

※「皇座山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android