上関町(読み)かみのせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上関〔町〕
かみのせき

山口県南東部,室津半島の先端部と長島祝島およびその付近の島々から成る町。 1958年室津村を編入して町制。中心集落の上関,室津の両港は中世,近世を通じ瀬戸内海の交通の要地。現在はともに小漁港で,上関大橋が両港を結ぶ。平地に乏しく,耕地の多くは山腹にある。皇座山付近は瀬戸内海国立公園に属する。面積 34.69km2。人口 2803(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上関町の関連情報