コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋代島 ヤシロジマ

デジタル大辞泉の解説

やしろ‐じま【屋代島】

山口県の大島異称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

屋代島【やしろじま】

山口県の大島別称

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やしろじま【屋代島】

周防(すおう)大島または大島ともいう。山口県南東部に浮かぶ防予諸島の主島で,面積129.7km2,瀬戸内海第3の島。大部分が花コウ岩類からなる島であるが,西部嘉納山(685m),文珠山などは安山岩からなる山地をつくっている。山稜の配置や海岸線の形態は西部では北西~南東方向,東部では北東~南西方向の断層系に支配されている。沈水性の島のため海岸線の出入りが多く低地に乏しいが,西岸の小松湾頭にやや広い屋代谷(屋代平野)が開けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕屋代島(やしろじま)


山口県南東部、防予(ほうよ)諸島の主島。面積128.1km2は瀬戸内海で3番目の大きさ。周防大(すおうおお)島ともよばれ、全島が大島郡周防大島町に属する。嘉納(かのう)山(標高691m)を主峰とする山がちの島。温州(うんしゅう)ミカン栽培が盛んで、山口ミカンの主産地として知られる。山腹では階段耕作が発達する。北西端に本州と結ぶ大島大橋が架かる。嘉納山一帯と南東部の海岸が瀬戸内海国立公園に指定されている。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

屋代島の関連キーワード大島(山口県、瀬戸内海)山口県大島郡周防大島町大島(山口県の旧町名)周防大島[町]山口県大島郡大島(山口)山口県柳井市伊藤惣兵衛東和〈町〉大畠[町]大島[町]柳井[市]東和[町]久賀〈町〉大島〈町〉久賀[町]村上武吉橘[町]橘〈町〉上荷内島

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屋代島の関連情報