コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇道会 こうどうかい

2件 の用語解説(皇道会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうどうかい【皇道会】

満州事変後の,軍部の政治的進出という情勢のなかで,在郷軍人平野力三らの日本農民組合(日農)とによって結成された団体。大恐慌下での国民生活の窮迫,〈思想の悪化〉に危機感を抱いた在京の在郷軍人の一部は,1933年1月,大衆的政治運動に乗り出そうとして,ファッショ的方向に転換していた日農と提携した。同年4月,既成政党打破,〈資本主義機構の改革〉等をめざして正式に結成された。当初は,軍と農民運動とが結びついた〈兵農一致〉の運動として一般の注目をひいたが,資金難に加えて,軍事費の膨張と農民生活の窮迫が進んだ結果,在郷軍人系幹部と日農系の意見の相違が深まり,1935,36年を境に会勢は不振の一途をたどった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇道会
こうどうかい

1933年(昭和8)4月5日、陸海軍の在郷軍人が平野力三(りきぞう)らの日本農民組合と提携して結成した国家主義団体。初代副総裁(総裁保留)は陸軍中将等々力森蔵(とどりきもりぞう)。綱領として、皇道政治の徹底、既成政党の打破、国家統制経済の実現、国防の完備、国際正義の貫徹などを掲げ、機関紙『皇道新聞』を発刊したり、各地で演説会などを開催して皇道主義の宣伝に努めた。衆議院議員選挙では平野だけが当選したにとどまったが、地方議会には100名以上に上る議員を送っていた。全国に支部を設け、会員数も最盛時には1万名を超えた。しかし、資金問題やイデオロギー問題で軍人派と日農派の対立が絶えず、42年5月16日解散した。[安部博純]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇道会の関連キーワード張景惠グルー上海事変新官僚宣統帝東清鉄道日満議定書満州事変国策会社PRA

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皇道会の関連情報