コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮電計 ひでんけい dermometer

2件 の用語解説(皮電計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皮電計
ひでんけい
dermometer

鍼灸あるいは指圧療法の,治療指針点にあたる経穴を客観的にとらえようとする目的で創案された計器。皮膚の特定小領域の電気抵抗の変化に注目し,これを計測する方法なので,古来の経穴にほぼ一致した点を表示する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皮電計
ひでんけい
dermometer

皮電点(皮膚上に直径0.5ミリ程度に現れる電気抵抗のきわめて弱い点状部位)を探索するための計器で、金沢大学病理学教室(石川太刀雄(たちお)教授)の創案による。構造の大要は、テスター、トランジスタ5石、増幅器、メーター指示回路、9ボルト乾電池3個などからなる小型計器である。探索の際は、メーターの陽極導子を患者の手に握らせ、陰極ローラー導子を皮膚上に擦過していく。皮電点に当たると、電気抵抗が正常部位の100分の1ないし1000分の1に減弱し、特殊な音をたてる。石川によれば、内臓の異常によって皮電点は出現するという。すなわち、内臓に異常があると、「脊髄(せきずい)分節‐皮膚節」を介して、その異常は皮膚の細小動脈の血管調節機構に投影され、その結果、まず血管収縮、皮膚の栄養障害がおき、ついで滲出(しんしゅつ)性変化(水腫(すいしゅ))をきたし、半壊死(えし)に陥るという。この部位が皮電点に相当するというのである。[芹澤勝助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皮電計の関連キーワード指圧療法マッサージ指圧療法補完治療保存療法指圧の日治療指数積極的治療サイコ・セラピー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone